東急

まち歩きで、
まちづくりを知る。

TOKYU WALK

渋 谷

PAGE 1

ガイド
浜本理恵(2010年入社)
渋谷開発事業部 開発計画グループ
まちづくり推進担当 課長補佐

世界に誇るターミナル拠点であり、鮮度の高い情報とコンテンツを世の中に届け続けてきた流行の発信地でもある渋谷。その渋谷をさらに魅力的に生まれ変わらせるため、駅前を中心に「100年に一度」といわれる再開発が進行中。「エンタテイメントシティSHIBUYA」をコンセプトに、「日本一訪れたい街」を生み出そうとしています。

スポットの場所を地図で確認する
(公式サイトへ)

見どころ|01

エンタテイメントシティSHIBUYA
交流編

「いつ行っても何度行っても、何か楽しいコトがある街。いつでもだれでも、何か楽しいコトをおこせる街」。
それが東急株式会社のつくりたい、新しい渋谷です。
娯楽だけではなく、ビジネスや文化、おもてなしも含めた「エンタテイメントシティSHIBUYA」を、
どう具現化しているか。まずは、新しい流行やカルチャー、ビジネスを生み出す
源泉である“人の交流”に着目した仕掛けからご紹介します。

共創施設 SHIBUYA QWS

渋谷スクランブルスクエア:SHIBUYA QWS

渋谷スクランブルスクエア15階の「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」は、会員制の共創施設。いわゆるシェアオフィスとは違い、異分野とのセッションを促す仕組みがあちこちに盛り込まれています。写真の「クロスパーク」もそのひとつ。あえてゆるやかに設定した空間が、オープンな交流を育みます。

渋谷スクランブルスクエア:SHIBUYA QWS

「プロジェクトベース」でデスクワークをする会員は、社会に対する問いかけや、自分が取り組んでいるプロジェクトをプレートに書き込み、デスクの上に立てておきます。お互いに刺激を受けたり、交流を生むためのきっかけづくりです。

渋谷スクランブルスクエア:SHIBUYA QWS

会員の「問いかけ」を貼り出したギャラリー。世の中への素朴な疑問、社会課題解決のためのヒントなど、思い思いの問いが投げかけられています。それが誰かのインスピレーションになったり、新しいコラボレーションのもとになったり。

渋谷スクランブルスクエア:SHIBUYA QWS

SHIBUYA QWSのディレクター、野村さん。着ている白衣のような服は、スタッフのコスチューム。異分野交流からイノベーションを生み出す「ラボ」のイメージです。施設は会員制ですが、イベントは一般参加可能なものもありますよ。

屋外広場

渋谷ストリーム:広場

渋谷ストリームの広場では、音楽ライブ、マルシェ、企業プロモーション、地域交流等のイベントを行っています。「渋谷で働く人や周辺で暮らす方々の感度を刺激し、暮らしが豊かになること」をコンセプトに定期的に開催している渋南マーケットでは、ハンドメイド雑貨や食器などのアイテムが素敵な空間を創ります。

渋谷キャスト:広場

渋谷キャストでは、行き交う人も刺激を受けられるように広場や多目的スペースを設け、イベントなどに活用しています。こちらは、毎年恒例の「WINTER CAST.」の一コマ。約20メートルという長〜いコタツで、思い思いに過ごしていただきました。

フリーウォールスペース

MAGNET by SHIBUYA109:ASIATO

スクランブル交差点に面した「MAGNET by SHIBUYA109」。その屋上にある「ASIATO」は、床にも壁にも、誰でも自由にラクガキできる屋内展望台。ラクガキを通じてインスピレーションを与え合う、交流の場ともいえますね。

MAGNET by SHIBUYA109:ASIATO

私も描いてみました。なんだかわかりますか?
(東急線キャラクターの「のるるん」です)

クリエイティブスペース8/(はち)

渋谷ヒカリエ:クリエイティブスペース8/(はち)

渋谷ヒカリエ8階「Creative Space 8/」。かつてここにあった「渋谷東急文化会館」のDNAを受け継ぎ、渋谷らしく現象を生み出すために、さまざまなメンバーが交流とクリエイションを行なっています。

インバウンド向け施設

WANDER COMPASS SHIBUYA

渋谷駅構内の外国人旅行者向けの観光案内所。ガイドサービスや地域PRを展開する「Huber.」をパートナーに、オンラインだけで解決できない旅の悩みを個性溢れるスタッフたちが解決します。イベントスペースとしても活用でき、旅行者の満足度を高めています。

情報発信

渋谷ヒカリエ:スカイロビー

レゴで再現された1/300スケールの模型を活用した、小学生向けのワークショップを、東急株式会社も参画している渋谷駅前エリアマネジメント協議会が開催。さまざまな人に渋谷と関わってもらえるよう、こうした取り組みにも積極的です。

渋谷ヒカリエ:スカイロビー

なんと、地下も再現されています。変わり続ける渋谷に合わせて、ジオラマも更新されていく予定。ちなみに、この写真にある「東口地下広場」はのちほど登場します。ぜひ実物と見比べてみてくださいね。

まち歩きクイズ

渋谷と代官山の「橋渡し」役として生まれた複合施設「渋谷ブリッジ」。この建物、よく見るとゆるやかに弧を描いています。なぜこのような形になっているのでしょうか。
  • 渋谷の「S」をモチーフにしているから
  • 線路の跡地に建てられたから
  • 「Reborn(再生)」「Relay(継ぐ)」などの頭文字「R」は、「孤」を意味するから

答えは次のページで

他のまちを見る

  • 南町田
  • 二子玉川ライズ