東急

まち歩きで、
まちづくりを知る。

TOKYU WALK

二子玉川ライズ

PAGE 1

ガイド
江南俊希(2016年入社)
ビル運営事業部 運営第二グループ
二子玉川営業推進担当
タウンマネージメントチーム

1907年、玉川電気鉄道(のちに当社に合併)が開通して以来、発展を続ける二子玉川。二子玉川ライズは、約11.2haに及ぶ都内最大級の民間再開発として1982年に始まり、2011年(第一期事業)、2015年(第二期事業)に分けて段階的に竣工・開業した。商業施設とオフィス、住宅街区を複合させ、自然とも美しく調和したまちづくりが注目され、今も賑わいを生み出し続けている。

タウンマップを確認する(公式サイトへ)

見どころ|01

タウン
マネージメント

地域と協調しながら、活力と魅力に富んだ二子玉川らしいまちづくりを進めていくために。
二子玉川ライズは、開業以来タウンマネージメント活動に取り組んでいます。
各所に設けた広場を活用したイベントや積極的な情報発信など、
さまざまな取り組みのほんの一部をご紹介します。

賑わいの創出

ガレリア

二子玉川駅を出てすぐ、二子玉川ライズの玄関口として多くの方々で常に賑わう広場「ガレリア」は、街を盛り上げる多彩なイベントスペースとして日々活用されています。土日だけでなく平日もさまざまなイベントで賑わい、日々表情を変える広場として多くの方にご好評いただいています。

ガレリア:RISE WONDER GARDEN

夏休みのガレリアは、親子で楽しめるテーマパークに大変身。2019年8月に開催された「RISE WONDER GARDEN」は、巨大迷路やゲームコーナーなど、子どもが喜ぶコンテンツから、お酒やフードを楽しめるマルシェなどの大人も楽しめるコンテンツまで盛りだくさん。連日の大賑わいが、夏をさらに盛り上げます。

ガレリア:クリスマス

クリスマスシーズンには、高さ約12メートルの巨大なツリーが登場。訪れる方々の気分を盛り上げています。このツリーを背景に、ライブやマーケットを楽しめるフェスティバルを毎年開催。こうした季節毎の演出も、大切にしていることの一つです。

中央広場:太陽と星空のサーカス

次はまちのど真ん中にある「中央広場」。開放的な空間を活かし、さまざまなイベントが行われています。「太陽と星空のサーカス」は、大人と子どもが一緒になって楽しめるGW恒例のイベント。会期中は多くの人で賑わいます。

中央広場:プレミアム ビアテラス

初夏から秋にかけてはビアテラスが出現します。2019年はミストの出るロックマウンテンを設置し、生ビールに加えてバラエティ豊かなビアカクテルも提供。ショッピングセンターのお客様や、二子玉川で働くオフィスワーカーなどさまざまな人の憩いの場になっています。

中央広場:スケートガーデン

冬の風物詩となったスケートガーデン。お客様に楽しんでいただくことはもちろん、地元小学校の授業にも活用されるなど、地域の方にも親しまれています。こうして見ると、何もないときの姿が想像できませんね。

情報発信

Futako Fun Base

官民連携のまちづくりを推進する、世田谷区初の都市再生推進法人 「二子玉川エリアマネジメンツ」。二子玉川ライズ内にあるその活動拠点では、二子玉川地域周辺のイベント情報や防災情報の集約・発信、まちづくり活動に関わる方々の情報交換や交流が行われています。

二子玉川の歴史

1889(明治22)年の玉川村誕生から現在に至る、二子玉川の歴史をボードにして掲出。二子玉川のまちづくりに関わり続けてきた東急株式会社ならではのディスプレイといえます。一読すれば、まちを見る目がちょっと変わるかもしれません。

歴史の継承

バーズモール広場

まちのあちこちには、歴史を偲ばせる仕掛けも。たとえばこの広場には、明治初期の図をもとに、二子玉川周辺の大山道(参詣客が通った古道)を刻んでいます。

カシノキ広場

オークモールは、この地に生えていたという樫の木から命名されました。モール前の広場はずばり「カシノキ広場」。実際に樫も植えられています。二子玉川ライズ内には、他にも大小さまざまな広場があるので、ぜひ訪れてみてください。

まち歩きクイズ

毎年、多くの人で賑わう「世田谷区たまがわ花火大会」。その最寄り駅である二子玉川駅では、混雑を少しでも解消するために、大会当日だけのある工夫をしています。それはどんな工夫でしょうか。
  • ホームが増える
  • 改札が広がる
  • 運賃無料

答えは次のページで

他のまちを見る

  • 南町田
  • 渋谷