東急電鉄

都市開発事業

この街が、日本代表。

選ばれる沿線であり続けるために、価値ある街を生み出していく。いまも昔も、「街づくり」は東急電鉄の基幹事業です。ずっと向き合い続ける沿線だからこそ、未来までも見据えた開発を行う。街の運営や地域のマネジメントを通じて、末永く支え続ける。場所と時間、ふたつのスケールが大きな街づくりがあります。

渋谷を、もう一度つくる。

東急電鉄と共に発展してきた渋谷を、
東急電鉄の手で、世界を牽引するブランドへ。

渋谷駅周辺開発プロジェクト

100年に一度。そう表現されるほどの再開発がいま、渋谷で始まっています。2012年の「渋谷ヒカリエ」開業を皮切りに、「渋谷キャスト」、「渋谷ストリーム」、「渋谷ブリッジ」、そして2027年度に予定されている「渋谷スクランブルスクエア」の全面開業まで、100年に一度といわれる大規模開発が進行中。それぞれに特徴の異なる開発を通じて、さまざまな人々が集まる渋谷にふさわしい、さまざまなライフスタイルが詰まった「日本一訪れたい街」へ。世界を牽引する新しいビジネスやカルチャーを発信する「エンタテイメントシティSHIBUYA」へ。同時に、駅構内の動線改良や、官民連携による渋谷川再生と遊歩道の整備、各施設への広場設置、防災機能の強化も実行。都市の利便と自然の潤いを両立し、さらに安全も突き詰めた街へと進化させていきます。

渋谷スクランブルスクエア

第Ⅰ期(東棟)、第Ⅱ期(中央棟・西棟)からなる大規模施設。2019年秋、先陣を切って東棟が開業予定。渋谷エリア最高峰となる高さ約230メートル・地上47階建。高層部には総賃貸面積約73,000㎡ものハイグレードオフィスを備え、渋谷エリアの課題だったオフィス不足解消に貢献。また、産業交流施設を設けることで、クリエイティブ・コンテンツ産業のイノベーションを促進します。商業施設としても、全体開業時には約72,000㎡もの営業面積を予定。渋谷のランドマークにふさわしい、新たな文化を生み出すステージです。

渋谷駅街区共同ビル事業者
渋谷ストリーム

2018年9月開業。旧東横線渋谷駅のホーム、線路跡地、およびその周辺地区を活用して生まれたプロジェクトです。渋谷の近未来的を表現した外観デザインが特徴で、約30の飲食店からなる商業施設ゾーンや、ホテル、オフィス、ホールなどで構成された、地上35階・地下4階建の大規模複合施設です。官民連携によって再生・整備された渋谷川のすぐそばで、体験・交流・挑戦から生まれるモノ・コトを世界に発信する「クリエイティブワーカーの聖地」として、次代の流れを生み出し続けたいという想いが施設名に込められています。

自然の豊かさを、街の豊かさへ。

長い目で見るからこそ、
ほんとうに必要な街づくりが見えてくる。

二子玉川での街づくり

1980年代から、地元住民や行政とともにじっくりと開発を進めてきた二子玉川。2011年に二子玉川ライズがまちびらきを迎え、さらに2015年、ホテルやシネコン、フィットネスも備えたタワーオフィスが開業したことで、来街者も就業者も飛躍的に増加しました。エリアの半分以上を自然が占める「水と緑と光」をコンセプトにした街づくりは、世界的な環境認証評価であるLEEDの街づくり部門で、世界初となるゴールド認証を取得しています。

南町田グランベリーパーク

町田市とともにスタートさせた「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」。その中核的存在が、商業施設と公園が一体となった新しい暮らしの拠点、南町田グランベリーパーク。2019年度のまちびらきを予定しています。開発エリア面積は、二子玉川再開発の約1.2倍にあたる約20万㎡。自然とにぎわいの共存によって、地域の方々はもちろん、地域外から訪れる方の暮らしにも充実をもたらします。将来的には、住宅開発も計画されています。

街を、サステナブルに。

「つくって終わり」ではなく、
いつまでも魅力を放ち続ける街づくりを。

たまプラーザで取り組む「次世代郊外まちづくり」

2012年から横浜市と共同で、郊外住宅地が抱える様々な課題を産・学・公・民の連携・協働で解決する取組を、たまプラーザ駅北側地区をモデル地区として、沿線展開を見据えながら推進しています。2018年10月には分譲マンション「ドレッセWISEたまプラーザ」内に「子育て支援機能」「多世代交流機能」「身近な就労機能」を備えた地域利便施設「CO‐NIWAたまプラーザ」が開業。同施設を拠点としたエリアマネジメント活動との相乗効果による地域課題の解決、まちの魅力向上に向けた取組を進めています。

※イメージ画像です

このコンテンツを見た後は、