東急電鉄

新しい百年は、
もう始まっている。

東急電鉄の源流は、田園調布を始めとする大正時代の宅地開発にあります。鉄道も併せて敷設することにより、長期にわたって繁栄していく街づくりを。その姿勢はいまも変わることなく、「日本一住みたい沿線 東急沿線」「日本一訪れたい街 渋谷」「日本一働きたい街 二子玉川」という3つの長期ビジョンに受けつがれています。多彩な事業展開のすべてを、そして、企業経営のすべてを貫くもの。それこそが「サステナブル」という視点。これからも持続的な成長を果たしていくために、いま、何を始めるか。何に挑むか。2022年の創立百周年を超え、次の百年へと力強く歩んでいきたい。これは、その仲間を迎えるための採用です。

中期3か年経営計画(2018-2020年度)“Make the Sustainable Growth”持続可能な成長をめざして

【基本方針】
3つのサステナビリティ

サステナブルな「街づくり」

社会への視点
新たな街づくりへの挑戦、街の発展・活性化への継続的な取り組み
組織内の視点
100年前から脈々と流れる、当社の街づくりDNAの継承

サステナブルな「企業づくり」

社会への視点
ステークホルダー(顧客、株主、取引先等)への継続的な価値提供
組織内の視点
環境変化や社会ニーズに適応した事業の開発と成長

サステナブルな「人づくり」

社会への視点
保育、教育、文化活動を通じた社会における人づくりの支援
組織内の視点
経営人材の創出、イノベーション創出の風土醸成、技術の伝承、ダイバーシティと健康経営の深化

【重点施策】

  1. ①「安全」「安心」「快適」のたゆまぬ追求(基幹たる鉄道事業の強靭化)
  2. ②世界のSHIBUYAへ(”エンタテイメントシティSHIBUYA”の実現)
  3. ③沿線価値・生活価値の螺旋的向上(グループ各事業の総合力発揮)
  4. ④戦略的アライアンスによる事業拡大(グループ内外との共創)
  5. ⑤ワークスタイル・イノベーションの進化(東急版「働き方改革」の展開)

詳しくはこちらをご覧ください。
中期3か年経営計画(2018-2020年度)