東急

まち歩きで、
まちづくりを知る。

TOKYU WALK

南町田
グランベリーパーク

PAGE 1

ガイド
島崎桜(2017年入社)
開発事業部 南町田開発グループ
商業計画担当

東急株式会社と町田市による、駅と商業施設・公園が一体となった新たなまち。241店舗(2020年2月現在)を擁する商業施設と、生まれ変わった鶴間公園、さらにその2つをつなぎ、スヌーピーミュージアムや交流施設のあるパークライフ・サイトなどからなる。対象エリアに駅を含む事例としては国内で初めて、国際的な環境認証制度「LEED ND(まちづくり部門)」でゴールド予備認証を取得。2019年11月にまちびらきし、商業施設は2週間を待たずして、来館者数100万人を突破しました。

スポットの場所を地図で確認する
(公式サイトへ)

見どころ|01

自然と賑わいの融合

駅と商業施設、公園がシームレスに繋がり、まち全体がまるでひとつの
「パーク(公園)」のような南町田グランベリーパーク。
「この場所でしか体験できない」「この場所に行きたい、何度でも行きたい」と思っていただけるよう、
駅や14の屋外広場空間では、居心地の良さやわくわくが感じられる
「自然と賑わいを融合」した環境演出にこだわっています。

南町田グランベリーパーク駅

© Peanuts Worldwide LLC

駅と一体的に開発できるのが東急株式会社らしさ。ホームでお出迎えしてくれるスヌーピーの背後には、なんと滝が! 大階段ではLEDによるビジュアル演出が行われており、この地域に生息するカワセミも映像にときどき登場。電車を降りた瞬間から「自然と賑わい」を感じられます。

このカラフルなベンチもグランベリーパークの世界観をイメージしています。しなやかな素材でできているため、座り心地がいいですよ。

ウェルカムプラザ

© Peanuts Worldwide LLC

駅から訪れたお客さまを、まずお迎えする場所がウェルカムプラザ。 建物の壁面が緑化されているのがおわかりでしょうか。こういった部分にも、「自然」を意識したこだわりが息づいています。

駅前空間の開発を手がけた、先輩の秋山さん。景観と視線の抜け方を意識して、配棟計画、緑化のデザイン、サイン(標識)の位置など細部まで決定。開発に携わった社員はみんな、こだわった「愛着の場所」を持っています。

パークプラザ

いつもとは違う角度から公園を眺めることができる丘の広場。この先にある公園と芝生でひと続きになっている、グランベリーパークを象徴する場所のひとつです。丘の麓ではシーズンごとにイベントが開かれ、多くの人で賑わいます。

人が立ち入れない場所には、注意書きを立てるのではなく花を植えることでさりげなくわかるようにしています。人の誘導にも緑を活用することで、優しい雰囲気づくりを行っています。

天気の良い日には、丹沢の山並みや富士山が見え、まるでリゾート地に来たような美しい自然の風景に癒されます。特に映えるのは夕方。SNSにアップされているパークプラザの写真も、夕日を写したものが多いです。

ギャザリングマーケット

食が集まり、人が集まるをコンセプトとした海外のマーケットを思わせる空間。イートインコーナーが充実しているので、さまざまなグルメのお店の人気商品をその場ですぐに食べることができます! リーシング担当の瀧本さんは、全国を飛び回ってコンセプトに合ったお店を誘致しました。

シアタープラザ

音楽・映像とコラボした炎の演出が楽しめる広場です。日本国内の商業施設としては初めて、リアルな炎が出る環境演出装置を導入しています。1日5回、3分間のショーはまるでテーマパークに来たようなわくわく感!

レインガーデン

このまちでは、コンクリートや鉄ではなく、土や砂、石、植物など自然の素材をつかったインフラ設備として「グリーンインフラ」を取り込んでいます。雨水を川に流さず土の中に戻す、その仕組みとして、石を敷き詰めた側溝や、水に強い植栽を植え、降った雨を溜め、一定量ずつ浸透させていくレインガーデンを計画しました。

グリーンリビング

居心地の良い環境の中で、緑に囲まれたライフスタイルを体感できるリビングのような空間イメージ。植物園のような楽しいガーデニングショップやインテリアショップ、雑貨店やブックカフェなどが入っています。

まち歩きクイズ

まちの中央に位置するパークライフ・サイトには、町田市と東急株式会社が共同で進めたこのプロジェクトならではの、工夫した所があります。それは何でしょう。
  • 建物の色
  • 広場の舗装
  • ガラス扉の設置

答えは次のページで

他のまちを見る

  • 渋谷
  • 二子玉川ライズ